担当講師紹介

岩井美香

学校心理士/元小学校教諭

小学校教諭としての経験は、十数年。低学年から高学年まで広くクラス担任を行なう。

また、発達に遅れのある子どもの担任も経験。

現在は学校心理士として発達に遅れのある子どもの発達検査を実施、生活へのアドバイス、学校での困りごと相談、学校の先生への連携や支援などで活躍。

その豊富な経験から、看護学校でも発達心理に関する授業を担当している。

MEMO
あだ名の「イワセン」は、当時テレビドラマの「ごくせん」が流行っていたことから、子ども達に「岩井先生だから、イワセンだ!」と付けられたのが由来。
ちなみに、表記は「いわせん」ではなく、カタカナの「イワセン」とのこと。(謎)

代表西村

岩井先生は、いつもニコニコの明るく優しい先生です。子ども目線で、叱ることなく丁寧に教えてくれます。教師経験も豊富なので、学校でのお悩みがあれば、何でも質問してみてくださいね。
履歴

■2003年~
神奈川県内の小学校で教諭として勤務。
■2017年~
学校心理として、発達障害や学習障害のあるお子さんへの支援、学校の先生への支援などの業務に従事。
■2018年11月~
個別学習支援塾「寺子屋ゆず」の教室長として勤務(学校心理士も兼務)。

イワセンから一言

イワセン

自己肯定感は、力強く、たくましく生きていくための原動力です。 そのためには、「頑張っていることを認めてくれる人がいること」、そして「できた、わかったを一緒に喜んでくれる人がいること」が不可欠です。寺子屋ゆずでの学習指導を通して、保護者の方と一緒に、お子様の「分かった!」を応援していきたいと思っています!どうぞよろしくお願いします!