【開講日と対象年齢拡大】6月より木曜も開講&中学生コースもOPEN!

11/17(土)開催のセミナーの講師紹介

11/17(土)、神戸市東灘区民センターで実施予定の学習支援に関するセミナー、「【保護者&支援者向け講座】発達障害児の学習のつまずきの原因と勉強を教える時のポイント」の講師は、寺子屋ゆずの講師「岩井美香」と「ゆずのおっちゃん」こと、「西村猛」が務めます。

それぞれの講師紹介は、こくちーずPROのページで書いていますが、こちらでもご紹介します。

講師と担当内容

講師1:岩井美香

小学校教諭として十数年のキャリアを持つ。

 

教師時代には、低学年から高学年まで幅広くクラス担任を経験。

また普通級において、発達に遅れのある子どもの担任も経験。

 

現在は学校心理士として、発達障害や学習障害のあるお子さんへの支援、学校の先生への支援などの業務に従事。学校の事情に詳しい心理士としては、右に出るものはいない(はず)。

 

「学習に遅れがあるお子さんの場合、単に勉強をしているだけでは学習の底上げは難しい。体作りや心のケアなど、トータルで支援することが大切」と話す。

 

基本、笑っている。

講義の担当は、

①「学習が遅れる理由と問題点の見つけ方」
②「勉強を教える時のポイントと注意点」
④「学校教師の指導体験談(指導の工夫やおもしろエピソードなど)」

です。

講師2:西村 猛(ゆずのおっちゃん)

触らない理学療法士。体の発達の専門家として、テレビ番組や雑誌など、メディアからの出演依頼や取材多数。キャッチコピーは「特技モノマネ・趣味立ち話」。

 

乳幼児の体の発達に関する講師として、全国の保育園で、保育士さん向け講演活動を実践している。

 

市役所職員(公的療育機関勤務)だったが、「発達に遅れのある子どもたちに、本当に必要とされる支援をしたい」と考え市役所を退職。

現在、子どもの発達を支援する会社「株式会社ILLUMINATE」代表取締役。

 

基本、うんちくんハットをかぶっている。

講義の担当は、

③「学習と体の発達のつながり」

です。

教育現場での実践事例の多いイワセンのお話は必見!

講師の岩井(イワセン)は、十数年の教師生活の中で、実に色々な、超面白体験をしてきています。

もちろん学習支援という分野でも、教師として色々な工夫を行なってきました。

そんなイワセンの教師ならではのお話(学習面の話だけでなく、学校秘話まで!)をぜひ聞きにきてください。

 

私も色々聞いている中で思ったことは、子どもって大人が思う以上に、状況を理解しているなあということ。

そして、意外と大人の方が、子どもに学ぶことが多いなあということ。

学習支援でもそうですが、「教えているはずの大人の方が、逆に子どもから学んでいた」ということも良くあるんだなあ、と感じました。

 

とにかくイワセンの面白い、そして学習指導の実践的なお話をぜひ聞きにきてください。

あ、私西村の体と学習の関係のお話も、結構意外な話で面白いと思いますので、こちらもお楽しみに!

個別相談は満席です
セミナー終了後のお一人限定の個別相談は、満席となりました。ご了承下さいませ。

セミナー詳細とお申込み(こくちーずPROのページへ)