【開講日と対象年齢拡大】6月より木曜も開講&中学生コースもOPEN!

セミナー開催【発達障害児の学習のつまずきの原因と勉強を教える時のポイント】11月17日神戸市内

11月17日(土)神戸市東灘区民センターで、寺子屋ゆずのセミナーを開催します。

テーマは、【保護者&支援者向け講座】発達障害児の学習のつまずきの原因と勉強を教える時のポイントです。

■日時:2018年11月17日(土)9:30~11:00

■場所:神戸市東灘区民センター8F会議室2(神戸市東灘区住吉東町5丁目1-16)※JR住吉駅徒歩3分

■対象者:お子様の学習の遅れを心配している保護者の方/学習サポートを行っている支援者(小学校の先生/デイサービス指導員さん/学童指導員さんなど)

学習のつまずきに対して、まずするべきことは、子どものつまずいているところを正しく評価することです。

また、運動面や感覚面などの課題も、学習と関係することが多くあります。

例えば、目が上手く使えていないと、先生の板書についていけいないので、次第に遅れが目立ってきます。

また、手先が不器用で、字を書くのに時間がかかるようでは、やはり板書についていけなくなります。

 

もしお子さんにこのような課題があるなら、まずは正しく評価すること、学習の遅れの原因には色々あるということを知ることが大切です。

セミナーでは、寺子屋ゆずの塾長で学校心理士(元小学校教諭)の岩井が、学習の遅れになる理由と問題点を見つけるポイント、また勉強を教える時のポイントなどについてご紹介します。

さらに、理学療法士の西村が、体の発達と学習の関係についてお話します。

 

ぜひご参加下さい。

下記のこくちーずPROのページから、簡単お申込みできます。

詳細も併せてご覧ください。

セミナー詳細とお申込み(こくちーずPROのページへ)