担当講師紹介

清水和美

作業療法士

履歴
  • 作業療法士免許取得後、病院、保健センターなどで勤務。
  • 児童発達支援事業所、公的療育センターなどで外来作業療法を実践しながら、保育所への巡回相談、特別支援学級での支援などにも従事。
  • 2020年1月よりゆずグループの作業療法士として、寺子屋ゆずでの学習支援、神戸ことばとからだの発達相談室において発達相談・個別作業療法を開始。

清水先生から一言

こんにちは。作業療法士の清水です。

発達支援の場では、読み書き障害のあるお子さんの学習支援も行ってきました。

私のこれまでの経験から、学習に困りごとがあるお子さんに対しては、ただ学習(勉強)を教えてあげるだけでは不十分だと思っています。

本来お子さんが持っている困りごとを探り、そこに手立てを講じていくことが何より大切だと感じています。

感覚統合面、身体的課題、注意力、目のコントロールなど、学習が困難になる理由は様々です。

その原因を探り、手立てを考えることに学習支援の意味があると思っています。

ぜひ、お子さんの困りごとをご相談ください。保護者の方と一緒に原因を探りながら、「楽しく学べる手立て」を考えていきたいと思います。

一緒に頑張りましょう!

代表西村

作業療法士として、医療機関、発達支援事業所など様々な発達支援の場での勤務経験を持つ清水先生。読み書き障害のお子さんへの学習支援の経験も豊富です。また子育て経験者として「子どもを想う親心」にも共感・理解があるため、安心してご相談いただけます。若いセラピストにはない、「安定感」と「余裕」を兼ね備える清水先生に、何でもご相談ください。